改善して自慢の素肌|アトピー知らずのキレイスキンを作る

サプリメント

心の神経内容

男性

心の神経の意味

心を司る神経伝達物質には3種類あります。ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンです。ドーパミンは意欲を高める効果があり、逆にストレスに反応して神経症やパニックを起こすのがノルアドレナリンです。セロトニンはそれらの働きを制御する役割を担っています。自律神経で例えると、ドーパミン、ノルアドレナリンは交感神経を働かせ、セロトニンは副交感神経を働かせます。自律神経は加齢とともに乱れやすくなりますが、それは副交感神経の働きが鈍るからです。それはセロトニンの分泌量が減ることや、腸内細菌の数が減り、免疫力が低下することが原因でもあります。セロトニンの分泌量を増やすためには、意識に規則正しい生活をすること、ストレスを溜めないこと、そして最も重要なのが、セロトニン生成を促す特定栄養素を補給することです。

栄養補給が大切

セロトニン生成には特定栄養素の補給が最も大切です。いくら健康に気を付けていても、栄養を取らなければ身体が不健康になっていくように、セロトニンもまた生成のために栄養素が必要なのです。それはトリプトファンとビタミンB6、マグネシウムや鉄分などです。その中でも特にトリプトファンは必須アミノ酸の一種で、体内で合成することができません。したがって食物から摂取する必要があるのです。またビタミンB6、鉄分はトリプトファンを助ける働きをします。それらの栄養素は、食品やサプリメントから摂取することができます。そして食品から摂取する場合は、良く噛んで食べると良いでしょう。それが別にセロトニン分泌を促す効果があるからです。